バイト面接のとき学生はどんな格好で行く?

面接のときに学生はどんな格好で行くべき?

バイトの面接に行くときの注意点。学生ならどんな格好で行くべきでしょうか?
高校生なら学校の制服が正解?大学生ならどんな服装?・・など、バイトの面接に合格する服装のマナーなど解説します。

 

面接時の服装について

 

アルバイト面接を受ける場合、気になるのは面接時の格好で、ラフで良いのかフォーマルに決める必要があるか迷うものです。しかし、アルバイトの基本さえ押さえてしまえば、面接時に迷う事はなくなり、服装選びや格好に間違いがないかと思い悩む必要もなくなります。

 

面接向けの格好を決める際には、アルバイト先の特徴を捉えたり、実際に働く際の格好を参考にする事が役立ちます。つまり、既に働いている人がラフな服装であれば、面接時にそれ程肩肘を張って格好を決める必要はないという事です。また、制服が支給されるアルバイト先の場合は、働いている人の格好が詳細に見えないので、アルバイト面接の参考情報を得る事は難しくなります。

 

ただ、その際には面接希望先の労働形態を踏まえて、アルバイトとして働く事を考えた格好を行えば問題ありません。具体的には、正社員雇用が行われる職場であれば、例え希望する面接がアルバイト雇用であっても、スーツ姿の格好で面接を受ける事に違和感は生じ難くなります。

 

一方、殆どがアルバイトだけで構成されている職場は、スーツ姿で居るだけで違和感に繋がるので、特別な指定がない限りは面接でスーツを着なくても大丈夫です。
社会経験が少ない学生は、初めてのアルバイト面接を受けるだけでも様々な戸惑いがあるものですし、格好一つ取っても不安を感じたり常識について再び考え直す切っ掛けになりがちです。

 

常識の範囲で面接に相応するスタイルでOK

バイト女性の服装

 

アルバイトとは、働き方の中でも自由な方で、面接も正社員の様に堅苦しく行われない事が一般的です。

 

ところが、雇用者の考え方次第では、アルバイトにもスーツの格好を求めたり、学生にも社会人の常識を適用しようとします。その様なアルバイト先は、ラフな格好の学生を見付けるなり、社会常識がなっていないと指摘する事があります。

 

正しい格好は、アルバイト雇用者の裁量次第で決まったり、必ずしもアルバイト面接の格好に共通した指定がないので、戸惑いが生じる事は当然と考えられます。アルバイト面接を失敗せず、常識的な格好を行いたいのであれば、事前にアルバイトの希望先を調べたり、雇用者がどの様な格好で面接を求めるか確認する事が大切です。

 

面接用の格好に関する自身の判断に自信が持てない時は、面接希望を相手に伝える際に、直接どの様な格好で受ければ良いか勇気を出して尋ねる事も一つの方法です。

 

アルバイトの面接に、共通した決まりや格好の指定があれば迷いませんが、実際は雇用者が厳密にフォーマルを求めたりラフな格好でも良いと考えている等、統一した認識に欠けている事が現状なので、面接を受ける際にアルバイト希望先に尋ねる事が一番失敗を避けられます。